名古屋大学人文学研究科 Graduate School of Humanities / School of Humanities

研究助成

● 2022年度 研究発表支援事業募集(後期課程院生限定)

申請期間:2022年10月17日(月)~10月30日(日)

募集対象:名古屋大学大学院人文学研究科、文学研究科、国際言語文化研究科、国際開発研究科国際コミュニケーション専攻の院生のうち、2022年度に博士後期課程に在籍する院生(秋入学者を含む)で、学位論文執筆のために、国内外で開催される国際研究集会で学会発表を行う上で、旅費支援を希望する者(学会がWEB開催の場合は、参加費の支援を希望する者)

助成対象:学位論文執筆のための、国際研究集会での学会発表に対する

     ①開催都市までの往復旅費(現地開催) もしくは

     ②大会参加費(WEB開催)

支援対象となる旅行期間は、2022年4月1日~2023年3月31日とする(一部例外あり)。

(新型コロナウイルスに関わる、各方面の対応(渡航制限・緊急事態宣言等)を優先した上で、支援を行います。)

選考方法:下記書式内の募集要項に従って作成された申請書について、審査委員会が審査を行い、採否及び支給上限額を決定する。

注意事項:申請書の作成および採択後の調査活動・報告書の作成については、必ず教員の指導の下に進めること。

     領収書等の提出ができない場合、助成金が支給できないことがあるので注意すること。

     指導教員は、申請者の目に触れないよう推薦書を作成し、推進室に提出すること。

問合せ先:教育研究推進室(文学部棟・116-2室、内線6391)

2022年度研究発表支援事業 書式

学会発表支援2022.jpgPresenting Support Project_ENG2022.jpg

● 2022年度 フィールド調査プロジェクト募集(秋入学者限定)

申請期間:2022年9月12日(月)~9月25日(日)

募集対象:名古屋大学大学院人文学研究科の秋入学院生のうち、原則、2022年度に博士前期課程2年もしくは後期課程2年となる院生で、学位論文執筆のために、国内外で調査活動を行う上で、旅費援助を希望する者。

但し、援助対象となる調査期間は、原則、2022年10月1日~2023年2月28日 および 2023年4月1日~6月15日 とする。

(新型コロナウイルスに関わる、各方面の対応(渡航制限・緊急事態宣言等)を優先した上で、支援を行います。)

選考方法:下記書式内の募集要項に従って作成された申請書について、選考委員会が審査を行い、採否及び支給上限額を決定する。

注意事項:申請書の作成および採択後の調査活動・報告書の作成については、必ず教員の指導の下に進めること。

指導教員は、申請者の目に触れないよう推薦書を作成し、推進室に提出すること。

問合せ先:教育研究推進室(文学部棟・116-2室、052-747-6391、内線6391)

 募集書式

FW調査プロジェクト2022fall.jpg

● 2022年度 フィールド調査プロジェクト募集(春入学者限定)

申請期間:2022年4月11日(月)~4月24日(日)

募集対象:名古屋大学大学院人文学研究科の春入学院生のうち、原則、2022年度に博士前期課程2年もしくは後期課程2年となる院生で、学位論文執筆のために、国内外で調査活動を行う上で、旅費援助を希望する者。

但し、援助対象となる調査期間は、原則、2022年4月1日~2022年12月31 とする。

(新型コロナウイルスに関わる、各方面の対応(渡航制限・緊急事態宣言等)を優先した上で、支援を行います。)

選考方法:下記書式内の募集要項に従って作成された申請書について、選考委員会が審査を行い、採否及び支給上限額を決定する。

注意事項:申請書の作成および採択後の調査活動・報告書の作成については、必ず教員の指導の下に進めること。

指導教員は、申請者の目に触れないよう推薦書を作成し、推進室に提出すること。

問合せ先:教育研究推進室(文学部棟・116-2室、052-747-6391、内線6391)

募集書式

 FW調査プロジェクト2022spring.jpg

● 2021年度 研究発表支援事業追加募集(後期課程院生限定)

申請期間:募集の最終締切は、2022年2月6日(日) となります。

募集対象:名古屋大学大学院人文学研究科、文学研究科、国際言語文化研究科、国際開発研究科国際コミュニケーション専攻の院生のうち、2021年度に博士後期課程に在籍する院生(2021年10月1日入学者を含む)で、学位論文執筆のために、国内外で開催される国際研究集会で学会発表を行う上で、旅費支援を希望する者(学会がWEB開催の場合は、参加費の支援を希望する者)

助成対象:学位論文執筆のための、国際研究集会での学会発表に対する

     ①開催都市までの往復旅費(現地開催)

     ②大会参加費(WEB開催)

支援対象となる旅行期間は、2021年4月1日~2022年3月31日とする(一部例外あり)。

(新型コロナウイルスに関わる、各方面の対応(渡航制限・緊急事態宣言等)を優先した上で、支援を行います。)

選考方法:下記書式内の募集要項に従って作成された申請書について、選考委員会が審査を行い、採否及び支給上限額を決定します。

注意事項:申請書の作成および採択後の調査活動・報告書の作成については、必ず教員の指導の下に進めること。

     領収書等の提出ができない場合、助成金が支給できないことがあるので注意すること。

     指導教員は、申請者の目に触れないよう推薦書を作成し、推進室に提出すること。

問合せ先:教育研究推進室(文学部棟・116-2室、内線6391)

追加募集の書式

学会発表支援2021_追加.jpg

 

● 2021年度 研究発表支援事業募集(後期課程院生限定)

申請期間:2021年10月18日(月)~10月31日(日)

募集対象:名古屋大学大学院人文学研究科、文学研究科、国際言語文化研究科、国際開発研究科国際コミュニケーション専攻の院生のうち、2021年度に博士後期課程に在籍する院生(2021年10月1日入学者を含む)で、学位論文執筆のために、国内外で開催される国際研究集会で学会発表を行う上で、旅費支援を希望する者(学会がWEB開催の場合は、参加費の支援を希望する者)

助成対象:学位論文執筆のための、国際研究集会での学会発表に対する

     ①開催都市までの往復旅費(現地開催)

     ②大会参加費(WEB開催)

支援対象となる旅行期間は、2021年4月1日~2022年3月31日とする(一部例外あり)。

(新型コロナウイルスに関わる、各方面の対応(渡航制限・緊急事態宣言等)を優先した上で、支援を行います。)

選考方法:下記書式内の募集要項に従って作成された申請書について、選考委員会が審査を行い、採否及び支給上限額を決定する。

注意事項:申請書の作成および採択後の調査活動・報告書の作成については、必ず教員の指導の下に進めること。

     領収書等の提出ができない場合、助成金が支給できないことがあるので注意すること。

     指導教員は、申請者の目に触れないよう推薦書を作成し、推進室に提出すること。

問合せ先:教育研究推進室(文学部棟・116-2室、内線6391)

  

2021年度研究発表支援事業募集書式

  

学会発表支援ENG2021.jpg学会発表支援2021.jpg

   

● 2021年度 フィールド調査プロジェクト募集(秋季入学者限定

申請期間:2021年9月13日(月)~9月26日(日)(秋季入学者対象の申請は、今年度新設)

募集対象:名古屋大学大学院人文学研究科の秋季入学院生のうち、原則、2021年度に博士前期課程2年もしくは後期課程2年となる院生で、学位論文執筆のために、国内外で調査活動を行う上で、旅費援助を希望する者。

但し、援助対象となる調査期間は、原則、2021年10月1日~2022年2月28日、および、2022年4月1日~6月15日 とする。

(新型コロナウイルスに関わる、各方面の対応(渡航制限・緊急事態宣言等)を優先した上で、支援を行います。)

選考方法:下記書式内の募集要項に従って作成された申請書について、選考委員会が審査を行い、採否及び支給上限額を決定する。

注意事項:申請書の作成および採択後の調査活動・報告書の作成については、必ず教員の指導の下に進めること。

指導教員は、申請者の目に触れないよう推薦書を作成し、推進室に提出すること。

問合せ先:教育研究推進室(文学部棟・116-2室、内線6391)

  

2021年度FWプロジェクト募集書式

  

FW調査プロジェクト2021秋_english.jpg

  

FW調査プロジェクト2021秋.jpg

   

● 2021年度 フィールド調査プロジェクト募集

申請期間:2021年4月5日(月)~4月19日(月)(昨年度までとは申請期間が異なります)

募集対象:名古屋大学大学院人文学研究科の院生のうち、原則、2021年度に博士前期課程2年もしくは後期課程2年となる院生で、学位論文執筆のために、国内外で調査活動を行う上で、旅費援助を希望する者。

但し、援助対象となる調査期間は、原則、2021年4月1日~12月31日とする。

(今年度は、新型コロナウイルスに関わる、各方面の対応(渡航制限・緊急事態宣言等)を優先した上で、支援を行います。)

選考方法:下記書式内の募集要項に従って作成された申請書について、選考委員会が審査を行い、採否及び支給上限額を決定する。

注意事項:申請書の作成および採択後の調査活動・報告書の作成については、必ず教員の指導の下に進めること。

指導教員は、申請者の目に触れないよう推薦書を作成し、推進室に提出すること。

問合せ先:教育研究推進室(文学部棟・116-2室、内線6391)

  

2021年度FWプロジェクト募集書式

  

  

FW調査プロジェクト2021.jpg

   

News & Events