2022年度(2023-03-27) 修了生の声

  • 投稿日:
  • by

wei.pngYujian Wei

The English Language Education program at Nagoya University not only equips researchers and foreign language instructors with the latest theories but also offers a unique and unconventional approach - programming and its application in language teaching. When dealing with vast amounts of language data, manually analyzing each item can be time-consuming and ineffective. Fortunately, programming tools like R allow researchers to quickly sort and analyze data with ease. In addition, statistical tests are commonly used to support hypotheses in the field of second language acquisition. Performing these calculations by hand or using a calculator can be challenging, but software programs like R and SPSS can perform a wide range of statistical tests with ease.
To all future researchers of English Language Education: fear not the prospect of programming, which may seem intimidating at first. Programming is simply a tool that can significantly increase research efficiency. 

名古屋大学の英語教育学プログラムでは、先導的研究を牽引する研究者や外国人教師が在籍するのみならず、プログラミングを言語教育・習得に応用するという斬新的な取り組みが行われています。大量の言語データを取り扱う場合、各データを手作業で分析しようとすると、工数がかかり非効率になってしまうことがあります。しかし、R などのプログラミングツールを活用することで、本プログラムの研究者は迅速かつ効率的にデータの整形・分析を行うことができます。第二言語習得の研究において仮説を裏付けるために、統計テストが頻繁に使用されています。統計テストの計算を手作業または電卓を使って行うことは困難ですが、RやSPSS等のプログラミングツールを使用することで、様々な統計テストを簡単に実行できます。
英語教育の将来を担う研究者の皆さん、プログラミングを恐れる必要はありません。プログラミングは、研究の効率性を大幅に向上させる皆さんの味方です。頑張りましょう。