30名を超える参加者がありました。

前半、生田氏により、とてもプラクティカルな、心理言語実験のプログラDSC00527.JPGムの作り方と、そのデータ処理への橋渡しの方法まで、丁寧な説明があり、まったくの初心者の人でも、これならできそうだと、思ってもらえたと思います。

DSC00530.JPGまた、後半、草薙氏により、英語教育にかかわるデータをもとにどうやって「モデル」を考えていくかということについて、経験談に基づき、順を追って、モデルの改善と研究の発展とが進んでいく様子を具体的に話していただき、刺激的で楽しい時を過ごすことができました。

お忙しい中、ご参加くださり、ありがとうございました。不定期ではありますが、今後も開催していきますので、どうぞ、ご参加ください。

「連続公開講座 データサイエンス時代の言語教育」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

xmas.jpg

第1回 言語教育におけるデータとモデリング

主催:名古屋大学大学院人文学研究科 英語教育学分野

データの世紀といわれる21世紀、言語教育研究はどのような方向に進むのでしょうか。私たちは英語教育や第二言語習得に関する専門的な知識、コンピュータを使った実験ツールや教材開発のプログラミング、そしてデータの統計的分析やモデリングなど新しい時代に必要な技能と知識をそなえた人材の育成が使命と考えています。言語教育研究の現在を見据え、その未来を探るためにこの連続公開講座を企画しました。

  • 教員、学生、一般の方どなたでも参加できます。
  • 無料

■ 日時:12月21日土曜  13:00〜15:30

■ 会場:名古屋大学東山キャンパス

    文系総合館7階カンファレンスホール

■ プログラム

13:10-14:10 Building language experiments: An introduction to PsychoPy

    生田 美希 (名古屋大学大学院 人文学研究科M2)

14:25-15:25 確率過程と英語教育に関わる諸現象

    草薙 邦広 (広島大学 外国語教育研究センター 特任講師)

15:50- 懇親会(会場隣室)

    (ソフトドリンクとスナック・菓子;懇親会会費は当日)


参加申し込み

  • 参加人数把握のため下記アドレスまたはQRコードから予約をお願いします。懇親会出欠もこちらでお願いします。予約と同時に受付メールが送られます。キャンセルや変更は受付メール中の「編集」ボタンでできます。
  • 予約なしでも参加できます。

     参加受付: https://forms.gle/BCqN99oh1t9JneSP8

DataSci1912Flyer_v1.jpg

【チラシPDFダウンロード】

2019年度 構想発表会・中間報告会

  • 投稿日:
  • by

10月1日に実施しました。

◆M2中間報告

・Figurative language processing in L2: Bilingual metaphor comprehension model

・Correlation between writing ability and writer/reader visibility based on a Japanese EFL learner corpus

・対連合学習における検索練習の方向が新出語彙の獲得に与える効果

・The English rhythm of Wu EFL learners

◆M1構想発表

・中国人英語学習者のコロケーションの使用に関する考察: コーパスにみられるtake, do, have, make, getを中心に

・語彙知識とコロケーション知識の相違について:Congruencyと受容・産出の観点から

・英語学習者の形容詞+名詞コロケーションの認知処理について:日本語母語と中国語母語の英語学習者比較

・フォーミュラ連鎖学習におけるシャドーイングの効果:明示的学習はどのように影響するか

英語教育学分野D1報告会

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

場所 文総館4階 403講義室

2月1日(金)

10:30-11:30
名前  三上綾介
指導教員 山下(主)・杉浦・村尾
題目  理解性評価における測定方法の妥当性検証と構成素分析

11:30-12:30
名前  西島淳子
指導教員 杉浦(主)・山下・村尾
題目   英語習得初期段階における言語発達の比較研究
     ― L1・バイリンガル・L2の比較 ―

13:00-14:00
名前  けいうん
指導教員 杉浦(主)・尾関
題目   eラーニング教材を使用したシャドウィングの効果について
     ― 日本語および中国語を母語とした英語学習者を中心に ―

修士論文 構想発表・中間報告会

  • 投稿日:
  • by
日時:10月1日(月) 13:00より 場所:全学教育等北棟406会議室

【M1構想発表】

(10分発表、10分質疑応答)
  1. "The English rhythm of Wu EFL learners"
  2. 「英語学習者の作文自動採点システムの開発と現育現場での実行可能性」
  3. 「学習言語における比喩理解」
  4. 「分散効果が日本人英語学習者の意図的語彙学習に与える影響について」
  5. 「第二言語の受容における未知語の影響」

【M2中間報告会】

(10分発表、10分質疑応答)
  1. "L1 Influence on Verb+Noun Collocation Use: A Comparative Study of Japanese and Chinese EFL Learners"
  2. 「中国人英語学習者の英語冠詞の使用状況と誤用分析について」
  3. 「英語リスニングにおけるイディオムの処理特徴の検証」
日時:10月3日(水) 12:15より 場所:全学教育棟北棟405会議室

【M2中間報告会】

  • 「L2コロケーションにおける学習者の容認と産出の差異について」